屋根融雪 薪ストーブ 太陽光発電 エコキュート ロードヒーティングの(有)ゆきぐに

太陽光を利用した屋根融雪「スーパーR」

太陽光を利用した屋根融雪「スーパーR」

融雪1明るい屋根融雪設置図

 

 

 

 

 

電気もガスも灯油も使わない!屋根融雪とは?

全ての物から熱は放出しています。雪は冷たい赤外線を、薪ストーブは暖かい赤外線を放射しています。ほとんどの素材は熱を吸収して温まります。温まった素材はさらに熱を放出します。一般の断熱材も同じです。

宇宙空間では太陽の当たる部分は150°を超え、当たらない部分は氷点下です。宇宙で作業する飛行士は過酷な環境です。

 NASAは強い太陽光を吸収しないで、反射する素材として赤外線反射材を開発していました。

この赤外線反射材が、当社の「スーパーR」なのです!

建物にスーパーRを設置しますと冬は温まった室内から放出する熱を反射します。夏は焼けた屋根の鉄板の温度が室内に入るのを防ぎます。長い冬の間、雪が降っている時間より、止んでいる時間の方が圧倒的に多いのです。太陽光は雪の表面を溶かしますが、屋根裏のスーパーRが熱を反射するため雪の下からも溶かします。積もるときは同じに積もりますが晴れの日が続くと急速に雪が少なくなります。

連続して降り続いた場合、屋根の形状、方角により効果が異なります。

この、画期的素材、スーパーRは一般家庭(30~40坪くらい)で20~30万円です。

屋根裏にこのスーパーRを設置するだけで、電気もガスも、灯油も使わないから、屋根融雪なのに月々0円!

断熱材と屋根融雪の両方を兼ね備えたスーパーRは快適でなおかつ安価の商品となっております。

断熱材として使用されている、ということもあり、このスーパーRを設置すれば、月々の冷暖房費も節約されるんです!赤外線を反射するというしくみから、効率よく夏は涼しく、冬は暖かい室内を保つことが可能ですので、必然的に冷暖房費が節約される、ということなんです。

スーパーRの特性

  1. 床が冷たく天井付近が暖かい従来の温度差がなくなります。
  2. 夏、クーラーを使う回数が激減します。
  3. 冬はわずかの暖房で十分間に合います。
  4. 屋根の雪が少なくなります。

従来の断熱材ではできなかった優れた特性を実証しています。

でも、既存の住宅に設置可能なの?

はい。既存の住宅でも、屋根裏に入ることさえ出来れば、設置することは可能です。

設置方法は屋根裏に敷くだけですので、残念ですが、屋根裏に入ることが出来ない住宅では設置不可能となっております。ほとんどの住宅では、押し入れの上からなど、屋根裏に入り込むスペースがあるはずですが、わからない場合はご相談も受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

新築、リフォームの場合ですと屋根裏はもちろん、断熱材として壁内部や床下に設置することをお勧めします。

当社のある山形県は、数年前まで最高気温を記録し続けるほど夏は暑く、冬は雪の多い、季節のはっきりした土地です。季節のはっきりしている魅力的な山形県ですが、このような風土でも、快適に楽しく過ごしていける素材となっています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP