004-06こんにちは♪

薪ストーブ屋をしていると「薪を燃やすことは自然破壊にならないのでしょうか?」と、聞かれることがあります。

それは、「なりません」

なぜなら、薪を燃やすということは、地球のバイオマスの循環に入っているからです。

薪ストーブの燃料になる薪は、森林の管理(間伐、下枝の整理)プロセスで生じる木や木材の使い端の利用です。

資源の有効活用なのです。

一方、石油や石炭は自然の循環には含まれていないので、これが燃焼すると地球の温暖化を引き起こしてしまいます。

薪ストーブを使用するということは、“薪を地球から一時お借りしている”ということなのです(*^_^*)

便利な電気や石油での暖房は、発電コストは高く、温暖化につながるガス排出の問題とも絡んで、地球に負担をかけています。

薪ストーブの運転にはいっさい電気を使いません。

停電になっても薪ストーブは明かりを灯し続け、そこで調理もできます。

電気や石油暖房を止めることは難しいですが、薪ストーブを使用することで、電気や石油暖房のメモリを下げたり、一時的に停止させることができます。

今こそ、スローライフ的な暖房で薪ストーブ生活を始めてみませんか?