20150916_09450820150916_100934こんにちは♪

今日は山形市のS様邸の煙突掃除と触媒交換に行ってきました。

こちらのお家、高い屋根で勾配もきついため、屋根の上は職人さんたちにお任せして、私は上るのを断念し、下から見守っていました(^^ゞ

煙道も高いため、屋根の上にさらに脚立を立てての作業となりました!

薪ストーブはさすが、毎年ちゃんとお手入れをされているので、そこまでススも多くなかったです。

触媒というのは、「キャタリティックコンバスター」と言い、ダッチウエストが世界で初めて薪ストーブに触媒をつけたのです。

その役割は、薪を燃やした後に出る煙をさらに燃やすことが出来るのです。

二重燃焼することによって、熱効率の高さと、外に出る煙のきれいさ、薪の持ち、を実現することが出来るんですよ!

ダッチウエストのキャタリティック燃焼の薪ストーブは、弊社でもおススメしている商品です♪

S様邸の「セコイア」というモデルも、もちろんキャタリティック燃焼で、デザインがかっこいいですね(*^_^*)

煙突掃除と触媒を交換し、少し錆びているところは、ストーブポリッシュで磨き、窓ガラスもピカピカに、ガスケットも新しくして、ピッカピッカの薪ストーブになりました!

ありがとうございました♪