ファイル 2016-04-01 16 11 25こんにちは♪

今日は薪ストーブに欠かせない「煙突」について少しお話しましょう。

煙突にはシングル(一重煙突)とダブル(二重煙突)があります。

室内はシングルにすることで、薪ストーブのみならず、煙突からも放熱することで部屋を暖めてくれます。

そして、室外の屋根から出る部分はダブルにすることで、煙突内を急激に冷やすことなく煙を排出します。

煙が急激に冷えると、ススとなり煙突内にこびりついてしまうのです。

こびりついてしまったススは煙道火災を起こしかねないのです。

長期にわたって使用する薪ストーブは、薪ストーブを選ぶときと同じくらい慎重に煙突も選ばなくてはいけません。

煙突、と一口に行っても奥が深く、ピンきりなのです。

写真では、煙突が室内はシングルで、屋根部分からダブルになっているのが分かりますか?

いや~でも、最近は暖かくなってきて薪ストーブの出番も日に日に減ってきています(^^ゞ