20150706_135845
こんにちは♪
ゆきぐにの西谷です(*^_^*)
我が家の薪ストーブは、今は七夕の飾りとともに居座っています。
この薪ストーブ、活躍期の冬以外でも、目立ちたがり屋なんです(^^ゞ
常に家族の中心にいないと気が済まないというか・・・。
まぁ、そこがいいんですけども。
薪の世話。火を焚いたら火の世話。煙突の世話。灰の世話。・・・
なんだかんだと手間がかかります。でも、そうやって手間暇をかけてあげると、その炎で人を和ませたり、家族を集めたり、家族の会話が生まれたり、特別に美味しいお料理が出来たり、まるで人生が豊かになるようです。
手間暇をかけて、愛情がわき、まるで子育てのようです。
子どもも手をかけて育てますが、同時に子どもから与えられる癒しがありますもんね。
スイッチひとつで温風が出てくる暖房器とは全然違いますが、薪ストーブの手間をも楽しめる、そんな人生はいかがでしょうか?
季節外れの薪ストーブのお話。でした(*^_^*)